一括払いのメリットデメリット

自動車で対人事故を起こした場合に、最初に適用されるのは自賠責保険になり、自賠責保険の限度額を超えた場合に任意保険が適用されることになります。

 

このため、本来であれば加害者か被害者が自賠責保険に請求を行うことになります。

 

自賠責保険では保険会社が示談代行を行なわないため、当事者が書類を揃えなければなりません。

その上で自賠責保険の支払限度額を超えてから任意保険会社が示談交渉をスタートさせることになります。

 

このようなやり方では事故の当事者にかかる負担が多大なものになるため、任意保険会社が自賠責保険部分も含めて当初から支払いを行い、あとから自賠責保険より回収するというやり方を行っています。

これを一括払いといいます。

 

メリットは、当事者への負担が少なくなるということです。

 

具体的には前記のように書類を揃える手間がかからなくなること、当初から任意保険会社が示談交渉を行うことがあげられます。

 

また治療費を直接医療機関から任意保険会社へ請求を行うことが可能になるためこれもメリットと言えます。

 

具体的なデメリットはほとんどありません。あえてあげると、すべて示談交渉を保険会社が行うため、加害者が加害者としても意識を持たなくなることです。

コメントは受け付けていません。