1年間無事故なのに保険料が値上がりするカラクリ

自動車保険の等級制度の仕組みからすれば、1年間無事故であれば1等級上がり、割引率もアップするのが通常ですが、そうならないケースもあります。
その一つが車両料率クラスです。

 

この車両料率クラスは事故率や盗難が多いクルマを9段階にクラス分けしたものです。

 

事故率の多いクルマはランクも上がり、保険料もアップします。

 

これが無事故でも掛け金が上がる仕組みです。

 

車両料率クラスは毎年見直しされ、掛け金に反映されています。

 

毎年のことですから、それが1年毎の更新時を重なり高くみえるのです。

 

また、修理費用が掛かるクルマについても車両料率クラスの算定基準にあり、修理代が高くつくクルマほど掛け金は高くなります。
車種が同じでも年式によっても、ランクは異なります。

 

また、同じコンパクトカーでも車両料率クラスに差が出ることがあります。
総じてスポーツカーのようなスピードの出るクルマほどランクは上がり、安全装置の有無にも違いが出ます。
同じタイプ・メーカーのクルマでも差が出るのは、そうした背景もあるのです。

 

毎年変更が加えられていますから、逆に下がることもあります。

 

更新時のハガキでも車両料率クラスはどの段階にあるのか、クルマと掛け金の関係からも確認しておきたい数値です。

コメントは受け付けていません。