車両料率クラスの決め方

車両料率クラスとはクルマの事故のリスクの度合いを数値化し、クラス分けしたものです。

 

この数値を算出しているのが損害保険料率算出機構で対人賠償、対物賠償、搭乗者・人身傷害、車両保険の4つの項目から成り、危険度の低いのを1に順に計9つの区分で設定されています。

 

この数値の元になっているのは全国で事故や盗難が多かったクルマです。

 

事故を起こしやすいクルマは料率クラスも高く、事故の少なくクルマは低くなります。

 

この数値には盗難のケースも含まれているため、単純にスポーツカーなどスピードの出るクルマなどが上位にくるものでもありません。

 

毎年、見直されている数値であるため、無事故でも保険料が上がることがあります。

 

最小クラスの1と最高クラスの9では約4倍の開きもあり、この数値次第で保険料は大きな差が出てきます。
また、同じ車種でも型式や年式によっても異なります。

 

年式の古いクルマは時価総額も低くなるため、保険料は安くなり、盗難の多い型式は保険料は高くなります。
全国で算出され、各保険会社で共通して活用しているため、会社間の差はなく、メーカー毎での区別もありません。
料率クラスは保険証券でチェックでき、昨年度との保険料の差をみることができます。

 

もし、無事故で上がっているのであれば、料率クラスが見直しされているとみると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。